リモートワーク可の求人に転職したいなら!傾向と注意点



子育て層に人気な働き方、リモートワーク


ママ・パパ向けの転職支援を行っている弊社では、リモートワークができる求人を希望する声がとても多いです。理由としては


・通勤時間がない分、フルタイムでも働けて給与が少なくならない

・仕事と子育ての両立は体力的にしんどいが、リモートワークなら負荷が低い

・子どもの急な体調不良など何かあったときにすぐ駆けつけられる


などが挙げられます。



リモートワークができる求人とは?


最もリモートワークが進んでいるのはIT/Web系企業と大手企業です。


会社として遠隔でやりとりがしやすいslackやZoom、G suitなどを始めとするツールが整備されていることがほとんどです。事業としても物理的なモノを必要とする度合いが低いため、業務のリモートワーク化も容易です。


また商習慣としてもリモートワークが普及しているため、営業職など社外の人とやりとりが多い職種であってもリモートワークで進めることが可能。IT/Web系企業は業務の効率化を進める意欲も高いため、会社としても往復時間のロスのないオンライン商談を積極推進しているところが多い印象です。


他方、リモートワークでは各人の成果や評価が問題となりがちです。つまり、リモートワークは成果が明確な業務と相性がよい面があります。行ったタスク量がわかりやすい営業関連職(セールス、カスタマーサクセス等)や、成果物が見えやすいシステムエンジニア、デザイナーなどはリモートワークOKの求人が多くなります。


リモートワーク可になりやすい職種例

・ITシステム開発職(システムエンジニア、デザイナー等)

・IT系企業の営業関連職(セールス、カスタマーサクセス等)

・Webマーケター


リモートワークがしづらい職種例

・販売、保育関連、介護関連、医療関連など人に接する仕事

・生産、製造など物理的なモノを作る仕事



リモートワーク可とフルリモートワークには大きな壁がある


コロナを経験し、多くの会社がリモートワークを一気に取り入れました。そしてコロナが長期化するにつれて各社が出社とリモートワークのバランスを試行錯誤する姿が見られました。


結果として弊社が取り扱う東京のWeb/IT企業では、以下のような傾向が見られています。


週2出社、週3リモートワーク程度に落ち着く会社が多い

・全社でフルリモートワークを実施している企業はごく少数しかない

開発チーム所属であればフルリモートワークも多く見られる

・コロナが収束した後も一定リモートワークは残す考えの企業が多い


リモートワークができる職場をお探しの方はぜひ参考にしてみてください。



フルリモートワークは競争率が高く年収が低くなりがちな面も


フルリモートワーク求人の場合は自宅が会社と離れていてもよいため、応募者は近隣だけではなく、全国、全世界になります。企業側からすれば、優秀な人材を全国、全世界から集められる状況になります。


また、東京近郊と全国では物価の違いもあり、東京ではそれほど高くない年収だったとしても地方在住の方にとってみればとても良い年収、という場合も多く存在します。


フルリモートワークの求人は転職市場全体から見ればほんの一握りです。


その少ない採用枠を、東京から見れば高くない年収でもよい人も含んだ、多数の応募者で奪い合うことになります。内定を得るのが難しく、また年収が高くなりづらい点は注意点と言えるでしょう。



リモートワーク求人への転職での注意点


リモートワークの場合、出社するよりも会社の情報を得づらい状況になります。手取り足取り教えてもらう、という状況ではないため、新しい環境で自分で情報を取りに行かなければなりません。


そのため、リモートワーク度合いの高い求人へ応募し転職したい場合には、できればすでに経験のある職種で応募することをオススメします。


また、リモートワークの場合相手の状況が見えないため、チャットツールなどでのコミュニケーションの活発さが重要になります。


リモートワークに慣れていない方がリモートワークが多い企業に入社した際に壁になりやすいポイントです。ちょっとしたコメントにもリアクションをしたり、こまめに自分から話すなどツールを通した積極的なコミュニケーションを心がけましょう。



以上です。もしリモートワークができる職場へ転職したいとお考えの場合は、ぜひハイクラス転職エージェント「withwork」にご相談ください。